診療案内

診療時間

※診療時間表が全て見られない場合は横スクロールでご覧ください。

  日・祝
9:00~12:30
14:00~18:00
診療時間: 9:00~12:30
木・土は9:00~13:00
14:00~18:00
休診日: 木曜・土曜午後、日曜・祝日

診療科目

内科全般・消化器内科全般

専門臓器

胃・大腸・食道・肝臓・胆嚢・膵臓

一般診療

内科全般の診療を行います。風邪、腹痛、下痢、便秘などから、高血圧、糖尿病、高コレステロール血症、骨粗鬆症、気管支喘息、肺炎など。

往診診療

かかりつけ患者様の往診も行っております。
癌末期患者さんの訪問診療、在宅での看取りもおこなっています。

当院での検査の特色

エコー検査

内視鏡検査は、個人差はありますが、苦痛を伴う検査です。

当クリニックでは患者さんの必要に応じて検査時の違和感や苦痛を鎮痛剤や鎮静剤を適切に安全に使用し検査を行いますので、安心して楽に検査が受けられます

当院では患者様の検査前後のプライバシーに配慮しています。
検査前の前処置(咽頭の麻酔)、後処置(検査後のうがい)、鎮静剤が切れるまでのリカバリーベッドでの休憩、など、他の患者様からまったく見られないように設計を工夫しています。

九州大学付属病院、北九州市立医療センターなどに在籍し、豊富な最先端の治療・検査技術と知識を生かし、質の高い消化器内視鏡検査、治療、消化器疾患の診断と治療を提供いたします。

大病院では患者さんが多く、一人ひとりの患者さんに多くの時間をさいて丁寧な診療が困難でしたが、小回りが利く診療所ならではの診療をおこないます。きめ細かくやさしく患者さんにあった治療と十分に時間をかけて病状や検査結果の説明をおこないます。

エコー検査

当院ではすべての医療機器が院内LANで接続されています。もっともIT化が進んだクリニックです。
消化管内視鏡検査、腹部・頚部超音波(エコー)検査、胸部・腹部・骨X線検査、心電図、24時間心電図(Holter心電図)、スパイロメトリー(呼吸機能検査、肺年齢)測定、脈波計測(血管年齢測定)、血球・CRP測定検査などが接続され、電子カルテ、ファイリングシステムにて管理されております。
当院では患者様の来院日数を可能な限り少なくするため、血球、CRP,HbA1c、尿素呼気試験(UBIT)などの血液検査を院内でおこない、5分から15分程度で結果説明が出来るようにしています。
すべての画像をモニターで患者様がご覧にできるペーパーレスで環境にもやさしいクリニックです。
また、患者様のご要望に応じて、検査データ、画像データーなど、すべて開示いたします。

内視鏡ユニットは、オリンパス社製新製品のEVIS X1 CV1500を導入しました。上部スコープは拡大付きハイビジョンスコープのGIF-EZ1500と経鼻内視鏡の先端外径5.4㎜の極細径上部消化管汎用ビデオスコープGIF-1200Nの最新最上位機種二本を導入しました。これらの機種は新型CMOSイメージセンサーを搭載し、明るく低ノイズなハイビジョン画質が実現されます。
また、モニターもオリンパス社最新型4K画面ハイビジョンを使用し、更に高画質な精細検査が可能となりました。
福岡県内でもかなり限られた専門施設でしか使用されておりません。

  • 内視鏡内視鏡
  • 内視鏡内視鏡
  • 内視鏡内視鏡
  • 内視鏡内視鏡

当院での各検査のご案内

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)

経口(口から)

ハイビジョン画質での観察。
オリンパス社製の最新機種での検査。
必要に応じて鎮静剤、鎮痛剤を使用して楽に検査が受けられます。

経鼻(鼻から)

嘔吐反射がなく楽に検査が受けられます。
鎮静剤の使用が不要です。
前処置(喉の麻酔)、検査後のうがいも個室で行います。

下部消化管内視鏡(大腸)

内服しやすい下剤(液体:スポーツ飲料のような)や、錠剤の下剤を準備しています。
前日の食事制限はありません。
検査当日に希望される方も対応可能です。
大画面液晶テレビと、ゆっくりくつろぎながら下剤が内服でき、5部屋個室を準備しています。

腹部超音波(エコー)検査

超音波を使用しますので、人体に害がありません。
おなかにゼリーを塗って検査を行いますが、痛くもきつくもない検査です。
消化器を専門とするものの聴診器代わりとなる検査です。

頚部超音波(エコー)検査

頚動脈エコー。 頚動脈の壁(IMT)の厚さをはかり、動脈硬化度や、脳梗塞の原因となるプラークを早期発見します。

尿素呼気試験(UBIT)

ヘリコバクターピロリ菌感染の有無の判定を行います。絶食4時間以上、絶飲水1時間以上であれば検査可能です。紙袋を2回膨らます検査で、簡便で楽な検査です。測定装置を常設しておりますので、15分程度で結果が判明します。

脈波測定(血管年齢)検査

ABI、PWVの測定を行います。標準値と比較して、血管年齢が概算されます。
動脈硬化の程度、血管病変の早期診断を行います。

呼吸機能(肺年齢)測定検査

いわゆる肺気腫、気管支喘息など(閉塞性、拘束性呼吸障害など)の呼吸機能検査だけでなく、呼吸機能を年齢化して肺年齢を計算します。

検査予約

電話でも受付しております。
電話:093-922-3535

胃カメラの場合

検査当日の朝食を摂取されていなければ、当日来院されて、必要であれば飛び入りで検査可能です。
少量の水分は取られていても検査可能ですが、乳製品などを摂取されている場合は特別な場合を除いて検査は避けた方がいい場合が多いです。
朝一番は8時30分から検査開始できます。
午後の胃カメラ検査も可能です。
ただし、前日以前に電話で検査可能かお問い合わせください

大腸(下部)内視鏡の場合

当日の午前中早めに受診していただけば、飛び入りで当日の内視鏡検査も可能です。この場合、当院内リラックスルームで下剤を内服していただきます。
ただし、検査の予約状況によっては困難な場合もありますので、ご相談ください。

検診

肝炎ウイルス

北九州市からの補助で検査可能です。
絶食は必要ありません。
お気軽にお問い合わせください。

特定検診

当日朝食を摂取されていなければ、月曜日から土曜日まで検査可能です。

胃癌健診

胃癌検診には、北九州市在住の方のみ対象です。2年以内に北九州市胃癌検診を受けた方は、対象になりません。
詳しくはお電話でお問い合わせください。事前にお電話にて予約いただくのをおすすめします。

大腸癌健診

便潜血検査です。

介護予防検診

検診に要する時間は約20分程度です。

人間ドック

ご希望に応じて検査項目を決定します。

理念

エコー検査

患者様の健康と幸福を第一に考え 患者様の立場に立った「やさしい医療」をめざします。
個人情報の保護に努め クリニック内また、連携機関との チームワークを重視し、常に向上心をもって質の高い「最善の医療」を目指します。
高い消化管内視鏡検査技術と予防医学の実践により かかりつけ患者様の健康管理と「早期発見・早期治療」を行います。

院長メッセージ
皆さまの健康生活を願っています。

フォトギャラリー
写真でクリニックを紹介します。

健康サポート
毎週金曜日、健康情報をお届けします。

さだもと胃腸内科クリニック

〒802-0064
北九州市小倉北区片野3丁目2-2
電話:093-922-3535

詳しい地図を見る

診療時間

9:00~12:30
※木・土は9:00~13:00
14:00~18:00

休診日

木曜・土曜午後、日曜・祝祭日